旧Padと比較!妖怪Pad Sは何が進化した?

妖怪Padと妖怪Pad Sって一体何が違うの?
そんな疑問お答えします!

 

妖怪Pad S

 

ウィスパーの必需品である妖怪Padが遂に進化!
今度は妖怪Pad Sとなり、従来の妖怪Padより何やら色々なと中身が変化しているようです。

 

そこで気になるのが、一体何が進化したのか?
見た目以外ではよく分かりにくい肝心な中身について、旧Padと比較してみると、
大きな3つの特徴が大きく変わっていました。

 

画面が見やすくなった!

 

妖怪Pad Sのサイズ

 

まずは大きさですが、旧Padである妖怪Padはサイズが130mm×85mm×25mmであり、
タブレットとほぼ変わらない大きさでしたが、子供が使うにはやや小さく
見にくいこともありました。

 

そうした問題から改善し、今回登場する妖怪Pad Sややサイズが大きくなり、
180mm×120mm×30mmとなり、全体的に大きく変化しました。
これならお子さんも使いやすいといえますね。

 

使用できる妖怪メダルの数が倍増!

 

次にお子さんにとって嬉しいのが使用できる妖怪メダルの種類の増加です。
旧Padの妖怪Padは、銀フレーム、Zメダル、古典メダル、レジェントメダルといった
一部の妖怪メダルしか使用できませんでした。

 


しかし進化した妖怪Pad Sであれば、なんと発売しているすべての妖怪メダル
使用できてしまうのです!
そのため最新のうたメダルやBメダルといった種類も、もちろんOK!

 

だから、お子さんが持っている妖怪メダルが使用できない!
そんな悲惨なことはなくなりました。

 

ゲームなどのアプリが大幅に増加!

 

そしてなんといってもアプリの増加がお子さんにとって、一番楽しみなことといえます。
特に遊べれるゲームの種類が増えたことは、妖怪Pad Sの最大の特徴といえます。

 

例えば、うたメダルを使用してユニットを作ることができるので、
気になる妖怪が意外な曲を歌うことも!?
もちろん原作で登場したユニットも作れるため、どんどんうたメダルを使って
遊んでしまうことでしょう。

 

他にも妖怪メダルの雑学アプリや妖怪大辞典など、
本来の妖怪Padの使い方ももちろんできます。
これで、お子さんはますます妖怪のことが詳しくなってしまいますね。

 

このように進化した妖怪Pad Sは、サイズ、妖怪メダルの種類、そしてアプリの増加と
旧Padより大幅に進化し、お子さんにとってますます手放せないアイテムとなりました。

 

特にこれから妖怪Padの購入を考えているのであれば、もちろんSで決まり!
またプレゼントで贈っても、喜ばない子はいないことでしょう。
これで、この妖怪Pad Sの登場で今後の誕生日プレゼントの目玉になるに違いありませんね。

 

 こんな方にプレゼントでオススメ

 

 新しい妖怪Padが欲しい方

 すべての妖怪メダルを対応したい方

 妖怪についてもっと詳しくなりたい方

 

妖怪Pad Sの在庫情報

 【参照価格】 定価10,584円(税込)

 

大人気の妖怪Padシリーズですが、在庫数が多いです。
そのため格安な通販店もあります。特にお値打ちなのがアマゾンです。
すでに17%OFF以上となっていて、お得感が高くて有名となります。

 

 アマゾンの妖怪Pad Sはこちら